試験直近!模試の情報はコチラから

フォーサイトの評判・口コミは?元行政書士がデメリット3つを検証!

フォーサイト 行政書士 評判

受験生

フォーサイトって評判いいのかな…?
みんな、どんな感想なんだろう?

そんな疑問にお答えします。

フォーサイトは、合格率42.6%の人気スクール。
毎年たくさんの人が、フォーサイトを使って行政書士試験に受かっています。

しかし残念ながら、どんなスクールにもデメリットはあります。
もちろんフォーサイトにもあります。

ということで、この記事では、「これはチェックしておかないとまずそう…」という気になる口コミをまとめました。

また、合格者目線で「それって実際どうなの?」ということを検証していきます(講義も体験してみました)

フォーサイトを選んで後悔した…ということにならないように、しっかりチェックしていってください。

無料で、まずは資料請求

フォーサイトの口コミ・評判から分かった、デメリット3つ

ではさっそく、ネガティブな口コミをチェックしていきましょう。

目立っていたのは、以下の3つ。

デメリット

  • 教材のボリュームが少ない…
  • テキストに誤植が多い…
  • 講師の声が優しすぎて、眠くなる…

1つずつ見ていきましょう。

①教材のボリュームが少ない…

フォーサイト ボリューム少ない

まず1つ目は、「教材のボリュームが少ない…」というもの。

例えば、以下のような口コミです↓

「教材が少ない…これだけで合格できるの…?」といった不安を感じる人がいるようです。

なかには、「他の教材を買い足した」なんて人もいました。

教材が不十分とか、正直ちょっと戸惑いますよね…

フォーサイトは、あえてボリュームを絞っている

しかし、フォーサイトのボリュームが少ないのって、実は「わざと」なんです。

フォーサイトは「高得点」狙いではなく、「合格点」狙い。

フォーサイト 合格点主義

なので、その戦略に従って、不要な部分はあえて削っているんですね。

大事な部分のみが、ギューッっと圧縮されています。
その結果、一般的な教材よりコンパクトになっています(3分の1の量を目指してるとのこと)

初学者は合格点狙いでやるべき

受験生

えーでも、範囲がしぼられてるとか不安…
できるだけ幅広く勉強しておいたほうが合格しやすいんじゃないの?

そんな風に思うかもしれません。

気持ちはわかります。
誰だって、できれば守備範囲を広〜く対策しておきたいですよね。

もちろん、どんな戦略でいくかは、人それぞれです。

しかし私は、初めて受験する人は全員、この合格点狙いの戦略をとるべきだと考えています。

なぜかというと、理由は以下3つ。

  1. 学習範囲を絞ると、挫折しにくい(超重要)
  2. 反復学習しやすくなるので、インプットが身につきやすい
  3. 180点でも300点でも、手にする資格は同じ(合格証書に点数の記載なし)

とくに1つ目が大事。

行政書士試験の範囲って、すべて網羅するとなると、とんでもなく広いです。
それなのに絞らずにやるなんて…ぶっちゃけ狂気の沙汰かと…。

行政書士 テスト範囲

そもそも行政書士試験が難しいのって、範囲が広いからなんですよね。
問題の難しさよりも、範囲の広さなんです。

なので「適切」な量まで範囲をしぼることが、合格への最短コースとなるわけです。

挫折しにくいから合格率も上がる

冒頭でも書きましたが、フォーサイトの合格率は、42.6%です(2019年)

つまり、フォーサイト利用者の半分くらいが合格してるということです。

フォーサイト 行政書士 合格率

範囲をしぼる学習方法がいかに効率的か、ということがよく分かると思います。

フォーサイトの合格率って、信用できるの?

受験生

でも、この合格率って信用できるの?
ぶっちゃけちょっとアヤしくない?

そんな風に感じる人もいると思います。
正直、わたしも最初はちょっと疑ってました笑

しかしちゃんと調べてみた結果、以下2つの事実を知りました。

  1. 合否アンケートの仕組みがしっかりしている(受講者全員にメールでアンケート→合否回答すると1000円のギフト券がもらえるので、落ちた人でも送ってくる)
  2. 教育訓練給付制度における合格率も同じように高い

なので、「思ったより信用できる数字だな…」と今は考えています。

フォーサイトのカリキュラムを受講して合格した

フォーサイトの教材で合格したよーって人は、SNS上でもたくさん見つけることができます。

勉強していくうちに、どうしても足りないと感じるなら

もし勉強していくうちに、どうしてもボリュームが気になるようなら、追加で市販の問題集とかを買い足せばいいと思います。一冊2,000円とかで買えるので。

ただ正直、そんな余裕はなかなか生まれないとは思いますが。。。
実際ほとんどの人が、フォーサイトの量をこなすだけで精一杯なはずなので。

「足りない…」という口コミはネガティブな意見なので目立ちますが、そこまでいける人はかなりハイペースに勉強を進めれている人だけなんじゃないかな…と。

無料で、まずは資料請求

時間かけてじっくりやりたいなら

しかし中には、たんまり時間があるので、じっくり勉強していきたいという人もいるでしょう。もしくは受験2年目で、基礎はもうOKという人ですね。

そういった人は、わざわざフォーサイトを選ぶ必要はないと思います。

範囲を幅広く、時間をかけて深掘りしてくれる、伊藤塾LECといったスクールの講座を選びましょう。

②テキストに誤植が多い…

フォーサイト 誤植

続いて、2つ目の気になる口コミは、「テキストに誤植が多い…」というもの。

例えば、以下のような口コミです↓

確かにコレは気になりますよね…

私もこういうのは気になってしまうタイプなので、気持ちはよくわかります。

誤植をひとつでも見つけたら、

「もっと他にもあるんじゃないの?」
「てかそもそも、このテキスト信じていいの?」

と、疑いの心が芽生えてしまいます。。

他のどのスクールでも誤植が…

しかし、よくよく調べてみると、他のスクールでも同じようです…

LEC、TAC、伊藤塾、アガルート、資格スクエア、クレアール、スタディングなどについてもチェックしてみたんですが、どこも出てきます、誤植の口コミ。

つまり、もはや誤植問題は、フォーサイトだけの問題ではないようです。
受講生からすれば徹底的にチェックして欲しいですけどね…なかなか難しいんでしょうね。

ある程度は諦めないとダメなのかもです。

しかし「誤植ありますよ〜」という受講生からのフィードバックに対して、しっかり対応してくれるのかどうか、これは要チェックです。
フォーサイトの場合は修正一覧を出してくれているようなので、まだマシなのかなと。

③講師の声が優しすぎて、眠くなる…

最後3つ目の気になる口コミは、「講師の声が優しすぎて、眠くなる…」というものです。

例えば、以下のような口コミです↓

この口コミ、数は多くなかったですが、自分が受験生なら気になるなと…

メイン講師である福澤先生の声、まずは聞いてみましょう↓

どうですか?
なんとも優しい声してますよね。

私も睡眠不足のときは、眠くなってしまうかもしれません。
まあでも、眠いときはどの講師の声でも眠いかもですが…笑

ただ私は、クセがある声より、マイルドで聞き取りやすい声の方が良いって考える派。
なぜかというと毎日のように聞く声なら、耳に優しい方がやっぱりイイので。

どうしても合わない場合は

でも声の響きは個人的な好みもありますよね。

なので、どうしても合わなそうだなという場合はフォーサイトを選ぶのはやめておきましょう。フォーサイト以外で、教え方がうまい講師だと、アガルートの豊村講師とかオススメです。

フォーサイトを利用するメリット7つ

次は逆に、フォーサイトを利用するメリットを見ていきましょう。

全部で7つ。

①解説が分かりやすいので、初学者でも理解できる

行政書士 憲法

まず1つ目は、解説が分かりやすいので、初学者でも理解できるという点。

通信講座を選ぶときに、一番チェックすべきポイントは、講師の教え方のうまさです。

せっかくやる気まんまんで講義を受け始めたのに、解説が分かりづらくて、

受験生

ん、結局どういうことなんだろう?
もうちょっと、わかりやすく説明してくれないかな…

こんな風になってしまったら、ちょっとツラいですよね。
一気にやる気が失われます…

さきほど「声質」の話がでましたが、そんなことよりも「教え方」のほうがずっとずーっと重要です。

福澤講師の教え方は、かなり上手

私は12社の講義を体験しましたが、フォーサイトの福澤講師の解説はというと、

素晴らしく分かりやすい…!

「法律の勉強するのは初めて」という人でも、しっかり理解することができるレベル。
とにかく噛みくだいて説明してくれています。

実際にサンプル講義をみてみてください↓

私は、教えるのが上手い講師って、

  1. 複雑なものを、例え話などを用いて分かりやすくしてくれる
  2. ただ一方的に話すのではなく、たまには画面のこちらに問いかけてくれる
  3. 教えるということに熱意がある

この3つが揃ってる講師だと考えてますが、福澤講師はほぼパーフェクトなんじゃないでしょうか(ちなみに福澤講師は講師歴18年)

フォーサイトの合格率が高いのって、学習範囲を絞っているのが大きいですが、それだけじゃなくて福澤先生の教え方が秀逸なのも大きいんだろうなと。

フォーサイトは映像クオリティも高い

それからフォーサイトは他社に比べると、「画質」と「音質」のクオリティが高いです。
意外とここがイマイチなスクール多いので…

そのあたりも、フォーサイトは安心して受講できます。

フォーサイトの講義を体験する方法

フォーサイトの講義をもっと体験してみたい場合は、オンラインシステム「Manabun」を体験してみてください。そこで他の講義も体験することができます。もちろん無料。

公式サイト→資格試験の通信教育・通信講座ならフォーサイト

②テキストが作り込まれている

フォーサイト 行政書士 教科書

次2つ目のメリットは、テキストが作り込まれているという点。

巷のテキストって、

  • 白黒、または二色ずり
  • 一面が文字で埋めつくされてる

こういうものが多いです。

人によって好みもあると思いますが、こういうテキストはちょっと苦手…という人も多いはず(私もそうです)

そんな人に朗報。

フォーサイトのテキストは、

フォーサイト テキスト

一般的なテキストに比べて、
・図解が多い
・フルカラー
・余白がある
といった工夫がされています。

このテキストの何が良いかというと、

  • 図解が多いから→理解しやすい
  • フルカラーだと→記憶に残りやすい
  • 余白があると→メモなどを書き込みやすい

という感じで、とにかく受講生のことを考えて作られているところ。

正直、図解を入れたりするのって手間がかかりますよね。
しかし、そこはフォーサイト、かなりこだわりをもって作っているとのこと。

③カリキュラムが整っていて安心できる

続いて3つ目のメリットは、カリキュラムが整っていて安心できるという点。

行政書士試験に合格するためには、眩暈のするほどたくさんの対策が必要になってきます。

まず科目は6つもあるし、

  1. 基礎法学
  2. 民法
  3. 行政法
  4. 憲法
  5. 商法
  6. 一般知識

さらに、問題形式も3つ…。

  • 五肢択一式
  • 多肢選択式
  • 記述式

とくに記述とか、「どんな対策すればいいんだろう…」って震えますよね。

また当然ですが、以下の流れでしっかり一通りやっていかなければなりません。

STEP.1
インプット
知識を頭に入れていく
STEP.2
アウトプット
過去問などを用いて、問題演習する
STEP.3
チェックテスト
模試や確認テストを受ける

講座を選ぶとき、気をつけてチェックすべきなのは、これらがすべて対応されているかどうかということ。

フォーサイトはどうかというと、

フォーサイト 行政書士講座のカリキュラム

問題なくオールOKです。すでに見てきたとおり、ムダな部分はギュッと絞られていますが、必要なものはすべて対策できるようになっています。
※ただし選択するコースによっては、異なります。詳しくは、コースの部分で後ほど解説します。

④質問したら、丁寧に対応してもらえる

フォーサイトの4つ目のメリットは、質問への返信が丁寧という点。

まず通信講座では、講師に対面で質問することはできません。

その代わり、「メール」などで質問することになります。
フォーサイトもメールでの質問になります。

そこで気になってくるのが、ちゃんと「丁寧」に返信をもらえるのかどうか。

フォーサイトのクオリティはどうなんだろうと、評判を調べてみたところ、かなり丁寧なようです。

これは相当心強いですよね。

質問回数は制限あり

ただ注意点として、質問できる回数は決まっています。

回数は、コースによって異なります↓

基礎講座 5回
過去問講座 5回
直前対策講座(セット) 9回
ペースメーカー答練講座 10回
バリューセット1 10回
バリューセット2 15回
バリューセット3 25回

なので、どうしても自分で解決できない疑問のみを質問するようにしましょう。
(ググれば答えが出てくる質問は、もったいないので)

回数少ないなあーって思うかもしれませんが、受講生の年間の平均質問数は約3回らしいです。
また、どうしても足りないという場合は、一回500円で追加質問ができるのでそちらを利用しましょう。

悩み相談もあり

ちなみに、「学習に関する悩み」とかも相談できます。

こういった相談もできるのは、ありがたいですよね。
意外と身近な人には相談できなかったりするので。。

無料で、まずは資料請求

頻繁に講師に質問したい場合

「えーでも自分は講師に好きなだけ質問したい!」

そういう人もいるかもしれません。

残念ながら通信講座ではむずかしいので、そういう場合は、伊藤塾など通学のスクールを利用するようにしましょう(通学は料金がグッと上がるのでそこは要注意)

⑤オンラインシステムの機能が豊富

続いて5つ目のメリットは、オンラインシステムの機能が豊富という点。

フォーサイトでの学習は「Manabun(旧:道場破り)」というシステムを利用します。

そのシステムで講義をオンライン受講していくわけですが、講義以外にもいろいろな機能があります↓

  • テキストのオンライン閲覧
  • 講義の音声データ(耳だけでも学習可能)
  • 確認テスト(まるバツ問題で気楽にチェックできる)
  • 単語カード(自分で作る必要なし)
  • 学習スケジュールの作成(自分の1日のスケジュールを入れると学習コースが自動で出力される)
  • eライブスタディ(ライブ授業配信をつかって皆で一斉に勉強できる)

意外と、スゴい機能が揃ってます。

もちろん、これらを利用するのに追加料金はかかりません。

⑥コスパが良い(料金が安い)

フォーサイト コスパ

いくら教材が豊富でも、もし料金が高かったら…現実的にキビしいですよね。
しかしフォーサイトは、そこもクリア。

ということで6つ目のメリットは、コスパが良い(料金が安い)という点。

基礎講座のコスパを考えてみる

例えば、基礎講座というインプット講座は、46,800円。
そして映像講義時間は、約46時間(※2020年度教材)

つまり1時間あたり、約1,015円です。

プロの講師の解説をこの料金で聞けるというのは、相当コスパが良いです。
そして、映像講義に加えて、紙のテキストや、さきほど紹介したオンラインシステムや質問メールもついてきます。

基礎講座 内容

それを考慮したら、1時間あたりの料金はもっと安くなります。。

フォーサイトのコスパが良い理由

なぜこれだけ安いかというと、正解はわかりませんが、おそらく

  • 講義は通信のみで講師の数も少ないので、そこまで固定費がかからない
  • 受講生が多い(お客さんの数が多いほど、単価を下げられる)
  • 広告費もそこまでかけていない(CMとか見ないですよね)

といった理由なんじゃないかなと、私は考えています。

⑦全額返金保証がある

最後7つ目のメリットは、全額返金保証があるという点。

いまこれを読んでいる人の中には、

受験生

もし一生懸命努力したのに落ちた…ってなったら最悪だな…

そう考えて、なかなか勉強を始められない人もいるかもしれません。

そんなときに、ちょっと背中を押してくれるのがフォーサイトの「全額返金保証」という制度。
なんと、不合格になった場合、全額返金してもらえる可能性があるんです。

これはビックリですよね。

全額返金保証の条件は?

ただし、条件があります(もし条件がなかったら、たぶん会社が潰れます…)

条件は、この画像↓の通りで、難易度は高め。

フォーサイト全額返金

勉強不足の人は、除外されるようになってます。厳しいですけど、まあこれは仕方ないでしょう。

一方で、本当にちゃんと勉強して実力がついたけれど、当日体調が悪くて不合格になってしまった…といったような悲惨な状況を救ってくれる制度かと。

こういった制度を用意してくれていると、自分だったら、「もし落ちても全額返金されるかもしれないから、真剣に取り組んでおこう…」と思えます。

無料で、まずは資料請求

フォーサイトの講座は、どれを選ぶべき?(料金・コース)

では次に、フォーサイトの料金とコースを確認していきましょう。

フォーサイトの講座には、

  1. 単科講座
  2. バリューセット(単科講座がセットになったもの)

という、2つの買い方があります。

どちらにするかは、自由に好きな方を選ぶことができます。

フォーサイト 講座 種類

講座をひとつずつ買うか、セットでまとめて買うかということですね。

フォーサイト 講座 おすすめ

おすすめは、バリューセット2必要な講座がすべて揃っていて、なおかつ料金もお得だからです。

ひとつずつ確認していきましょう。

1. フォーサイトの4つの単科講座

まず、講座を「単品」で申し込む、単科講座。

これには、

基礎講座 46,800円
過去問講座 46,800円
直前対策講座 24,800円
ペースメーカー答練講座 19,800円

以上の4種類があります。

フォーサイト 単科講座

単科講座で買うメリットは、「必要なものだけ申し込むことができる」という点です。

ひとつずつ講座をチェックしていきましょう。

1-1. 基礎講座

基礎講座 アイコン基礎講座は、知識をインプットしていく講座です。

基礎講座

「あまりお金はないけど、せめてインプットだけでもプロの講師から教わりたい」といった人もいますよね。

そういった人は、この基礎講座を利用しましょう。

テキスト7冊だけでなく、他にもさまざまな教材がついてきます。

※問題演習や模試など、アウトプット用の教材はついてきません。「基礎講座」のみで申し込む場合は、そういった教材を別途自分で購入する必要があるので注意してください。

1-2. 過去問講座

過去問講座 アイコン過去問講座は、アウトプットメインの講座。「インプットした知識を使って、どうやって問題を解いていくのか?」といったことが学べます。

過去問講座

この講座だけを単体で選ぶ人は少なそうですね。

さきほどの「基礎講座」と合わせてやりたいという場合は、のちほど紹介するバリューセット1を購入した方がお得です。

1-3. 直前対策講座

直前講座アイコン直前対策講座は、「記述問題対策」「一般知識対策」「択一対策」といった3つの対策ができる講座。

直前対策講座

合格点を取るためには、記述も一般知識も、必ず対策すべきところ。
なので、これらの講座は必須です。

  • 記述問題対策
  • 一般知識対策
  • 択一対策

それぞれ個別でも買えますが、セットの方が4,600円もお得。

1-4. ペースメーカー答練講座

ペースメーカーアイコンペースメーカー答練講座は、実力をはかるために使える、ミニ模試のような講座。

ペースメーカー答練講座

勉強を進めていくと、

  • インプットした知識は、しっかり定着しているのか?
  • 問題は解けるようになっているのか?

といったことを定期的にチェックしたくなります。その際に使えます。

この講座は、受講生から「本試験問題に近い教材をもっと作ってほしい」という要望を受けてできたそう。

2018年に作られたものなので、わりと新しい講座です。

無料で、まずは資料請求

2. フォーサイトの3つのバリューセット

続いては、バリューセット。

フォーサイト セット講座

バリューセットで購入するメリットは、以下3つ。
・料金が割引される
・教育訓練給付制度が使える
・全額返金保証が使える

とくに料金面で、非常にお得です。

バリューセットは3種類あり、それぞれのセット内容と料金は以下の通りです。

バリューセット1 ・基礎講座
・過去問講座
66,800円
バリューセット2 ・基礎講座
・過去問講座
・直前対策講座
89,800円
バリューセット3 ・基礎講座
・過去問講座
・直前対策講座
・答練講座
104,800円

ひとつずつ詳しく見てみましょう。

2-1. バリューセット1

バリューセット1 アイコンバリューセット1は、以下2つの講座のセットです。

  1. 基礎講座
  2. 過去問講座

バリューセット1

単科講座でそれぞれ購入するより、26,800円お得です。

セット内容はこちら↓

バリューセット1 内容

インプットとアウトプット、両方の対策ができます。
ただ直前講座が含まれていないので、一般知識対策や記述対策は物足りなくなるはず。

2-2. バリューセット2おすすめ

バリューセット2 アイコンバリューセット2は、以下3つの講座のセットです。

  1. 基礎講座
  2. 過去問講座
  3. 直前講座

バリューセット2

単科講座でそれぞれ購入するより、33,200円お得です。

セット内容はこちら↓

バリューセット2 内容

私だったら、「インプット」「アウトプット」「一般知識対策」「記述対策」、これら全て含まれているこのセットを選びます。

これだけ揃っていて、89,800円はかなり安い。
もし1年かけてやっていくとしたら、1日あたり、たった246円…!

2-3. バリューセット3

バリューセット3 アイコンバリューセット3は、以下4つの講座のセットです。

  1. 基礎講座
  2. 過去問講座
  3. 直前講座
  4. ペースメーカー答練講座

バリューセット3

単科講座でそれぞれ購入するより、38,000円お得(DVDオプション講座の場合、28,500円お得)です。

セット内容はこちら↓

バリューセット3 内容

バリューセット3は、唯一全額返金保証がついてきます。
しかしすでに述べたように、全額返金保証の条件はけっこう厳しいので、そう簡単にできるとは思えません。

また、ペースメーカー答練講座は必ず必要な講座というわけでもありません。

となるとやはり、さきほどのバリューセット2がベストかと。

無料で、まずは資料請求

フォーサイトをさらに安く買う2つの方法

フォーサイトの講座を、さらに安く購入する方法は、2つあります。

  • クーポンを適用させる
  • 教育訓練給付制度を利用する

ひとつずつ確認します。

クーポンで最大10,000円OFF

バリューセットを購入する場合、割引クーポンが使えます。

これは誰でも利用できるし、入手方法も簡単なので忘れずにやっておきましょう。

割引される料金は、以下の通り。

バリューセット1 3,000円引き
バリューセット2 5,000円引き
バリューセット3 10,000円引き

クーポンの入手方法

クーポンは、公式サイトで手に入ります。

行政書士講座の料金ページを開くと、

フォーサイト クーポン

画面右側に、青色のクーポンが表示されます。

クリックすると、

フォーサイト 割引

こんな感じでクーポンが大きく表示されます。

さらにクリックすると、

フォーサイト お得

セット毎の割引料金が表示されます。

記載されているコードをコピーしておきましょう。申し込む際に、使います。

結構な額の割引なので、お見逃しないように。

ちなみに、スマホの場合は、料金ページ開いた瞬間に、

クーポン スマホ

こんな感じでクーポンが表示されます。

教育訓練給付制度で最大20%OFF

それから、バリューセットはすべてのセットで、教育訓練給付制度が使えます。

フォーサイト 教育訓練給付制度

一般教育訓練給付制度とは、厚生労働省による支援制度。

雇用保険加入者で、「雇用保険加入期間1年以上」などの条件を満たす人は、修了までに支払った学費の最大20%がハローワークから給付される制度です。

20%って意外と大きいですよね。

この制度に関して詳しくは、資料請求でもらえるパンフレットの中に記載されているので、自分が該当する可能性がある人は、一度しっかりチェックしておきましょう。

こんな人にオススメ

はいということで、以上見てきたとおり、フォーサイトが向いている人は、

フォーサイト向いてる

  • 初めて受験する
  • これまで法律の勉強をしたことがない
  • 何年もかけたくないし、最短で合格したいと考えている
  • なるべくコスパよく利用したい

こういった人です。

あなたは当てはまってますか?
1つでも当てはまるなら、フォーサイトが向いています。

無料で、まずは資料請求

こんな人には、オススメしない

逆にフォーサイトが向いていないのは、

フォーサイト向いてる

  • 学習経験がある(2度目の受験、法学部卒業など)
  • じっくり時間をかけて、幅広く学習したい

といった人になります。
どちらかに当てはまる人は、おそらくフォーサイトでは物足りないはずです。

伊藤塾アガルートLECなど他のスクールを検討しましょう。

Q&A

資料請求は無料?

無料です。

フォーサイトの支払い方法は?

代金引換、クレジットカード、銀行振込、コンビニ払いが可能です。

フォーサイトでは分割払いは可能?

クレジットカード決済のみ、可能です。

送料はいくら?

住んでる地域によって異なります。

行政書士講座の料金ページに掲載されていますが、例えば関東(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、東京都、山梨県)であれば、730円です。

まとめ

以上、フォーサイトの行政書士講座について解説してきました。

この記事で、フォーサイトに関してあなたの気になっていたことが解決できたなら嬉しいです。

最後、これだけは覚えておいて欲しいのですが、、

結局のところ、合格するために最も大事なのは、1日でも早く勉強を始めることです。

これは私も経験したことですが、試験直前になると「時間が足りなすぎる…」ってなります。必ずといっていいほど。

未来の自分を少しでも苦しめないためにも、早めにスタートさせましょう。
それがあなたの合否を分けます。

無料で、まずは資料請求