割引キャンペーン情報まとめ【2021年7月】

【安い!】10万円以下の行政書士通信講座10個を比較してみた

行政書士 通信講座 安い

受験生

行政書士の通信講座で、安いのはどれ?

そんな疑問にお答えします。

行政書士講座は、受講料が20万〜30万円くらいの講座が多いです。

しかし中には、10万円以下のお得な講座もあります。
予算があまりない場合は、そういった通信講座を利用したいですよね。

とはいえ、「たしかに安いけど、講義内容は微妙…」というスクールもあるので、要注意。

この記事では、10万円以下の通信講座10個を比較していきます。
間違った講座を選ばないためにも、ぜひ参考にしてください。

料金の安い行政書士通信講座10個一覧

まずはさっそく、10万円以下の通信講座を一覧でチェックしてみましょう。

スクール 講座名 インプット アウトプット 料金(税込)
フォーサイト ロゴ バリューセット1 54,800円
フォーサイト ロゴ バリューセット2 76,800円
フォーサイト ロゴ バリューセット3 98,800円
スタディング ロゴ 行政書士合格コース 50,490円
スタディング ロゴ 行政書士総合コース 65,780円
フォーサイト ロゴ 基礎講座 51,800円
オンスク ロゴ ウケホーダイ
(ライト)
1,078円
(月額)
オンスク ロゴ ウケホーダイ
(スタンダード)
1,628円
(月額)
lec ロゴ S式合格講座 45,000円
大原 ロゴ 行政書士30合格コース 84,800円
スクール 講座名 インプット アウトプット 料金(税込)
フォーサイト ロゴ バリューセット1 54,800円
フォーサイト ロゴ バリューセット2 76,800円
フォーサイト ロゴ バリューセット3 98,800円
スタディング ロゴ 行政書士合格コース 50,490円
スタディング ロゴ 行政書士総合コース 65,780円
フォーサイト ロゴ 基礎講座 51,800円
オンスク ロゴ ウケホーダイ
(ライト)
1,078円
(月額)
オンスク ロゴ ウケホーダイ
(スタンダード)
1,628円
(月額)
lec ロゴ S式合格講座 45,000円
大原 ロゴ 行政書士30合格コース 84,800円
※ユーキャンの行政書士通信講座も63,000円と10万円以下ですが、他社と違い映像講義が含まれていない(テキストのみ)という理由で除外しています。

ご覧の通り、料金が10万円以下の安い講座、けっこうあります。

これらを比較していく上で、まず最初に着目すべきは、

  1. インプット講座のみ
  2. インプット講座+アウトプット講座

この2種類があるという点。

なので最初に、上記2択のどちらにするかを決めると、候補を絞りやすくなります。

インプット講座のみを選ぶ

インプットのみだと、当然アウトプット部分はスクール側はノータッチです。

行政書士講座 インプットのみ

試験勉強に慣れている人や、勉強が得意という人なら、このパターンでも大丈夫。

講師の解説で効率よく知識をインプットして、あとはバリバリと市販の問題集を解いていきましょう。

インプットのみの講座を比較する

インプットもアウトプットもある講座を選ぶ

はじめて試験を受ける、法律の勉強は初めてといった場合は、アウトプット部分もセットになった通信講座の方が安心。

行政書士講座 インプットとアウトプット

いずれにせよ問題演習は、自分でバリバリ解いていく必要があります。

ただ、解説の部分を講師から口頭で説明してもらえるので、断然、理解しやすくなります。なので、初学者の場合はアウトプットも講座を買ってしまった方が、学習効率が上がります(しかも、インプットのみの方が安いというわけでもないので)

料金の安い行政書士講座5つを比較(インプットとアウトプット両方)

ではまずは、インプットとアウトプットの両方が揃った通信講座を比較していきましょう。

10万円以下の安い講座は、ぜんぶで5つ!

料金だけでなく、

  • 講義内容
  • 質問
  • 合格率

といったポイントを比べてみると、、、

スクール 講座名 料金 講義内容 質問 合格率
フォーサイト ロゴ バリューセット1 54,800円 41.3%
フォーサイト ロゴ バリューセット2 76,800円 41.3%
フォーサイト ロゴ バリューセット3 98,800円 41.3%
スタディング ロゴ 行政書士合格コース 50,490円
スタディング ロゴ 行政書士総合コース 65,780円
スクール 講座名 料金 講義内容 質問 合格率
フォーサイト ロゴ バリューセット1 54,800円 41.3%
フォーサイト ロゴ バリューセット2 76,800円 41.3%
フォーサイト ロゴ バリューセット3 98,800円 41.3%
スタディング ロゴ 行政書士合格コース 50,490円
スタディング ロゴ 行政書士総合コース 65,780円

ご覧の通りです。

フォーサイトとスタディングの二択なのですが、フォーサイトの方が、あらゆる面で優れていることが分かります。

※スタディングは合格率の公表なし

フォーサイトのバリューセットおすすめ

フォーサイト ロゴ

フォーサイトは、合格率が41.3%と非常に高いスクール。なぜ合格者が続出しているかというと、学習範囲を徹底的に絞り、なるべく最短距離で合格まで行けるように設計されているからです。

講義時間も他社に比べると短いので、初学者でも続けやすくなっています(挫折しにくい)

また、通信講座でもメールなどで質問ができるので、サポート面も心強いです。スケジュール管理などオンライン上で使えるシステム(ManaBun)も、他社より機能が豊富。

フォーサイトのサンプル講義

担当される福澤講師のサンプル講義です。
講師との相性は重要なので、必ずチェックしましょう。

10万円以下の通信講座「バリューセット」

バリューセットは、ぜんぶで3種類。

講座名 料金(税込) セット内容
バリューセット1 54,800円 ・基礎講座
・過去問講座
バリューセット2 76,800円 ・基礎講座
・過去問講座
・直前対策講座
バリューセット3 98,800円 ・基礎講座
・過去問講座
・直前対策講座
・答練講座

一番上のインプット(基礎講座)とアウトプット(過去問講座)がセットになったものは、まさかの5万円台〜です。これ、かなりお得。この内容でこの料金は、相当安いです。

MEMO
ちなみにバリューセットは、「セット割」ということで、でだいぶ割引が効いています。つまりセットではなく単体でそれぞれ購入する場合は、グッと値段が上がってしまうので要注意。必ずセットで申し込みましょう。

最もおすすめのセットは、2つ目のバリューセット2。
(直前対策講座は、記述対策などが含まれているのでマストですが、答練講座はマストではないので)

フォーサイトのバリューセットはこんな人におすすめ

フォーサイトは、とくに初学者に向いています。
短時間で合格を目指せるので、社会人などで忙しい方も要チェック。

また、バリューセットはすべて教育訓練給付制度(国から受講料の20%が支給される制度)の対象になっているので、この制度を利用したい場合もおすすめのスクールです。

フォーサイト 行政書士 評判【フォーサイトって評判悪いの?】元行政書士が3つの口コミを検証

スタディングの行政書士通信講座

スタディング ロゴ

スタディングは、移動中に学習することを想定に作られているサービス。スマホひとつで学習できるようになっています。なので通勤中くらいしか勉強時間取れなそう…といった超多忙な人に向いています。

非常に便利ではありますが、その一方で、紙のテキストがなかったり、質問もできないという面もあります。

スタディングのサンプル講義

スタディングの10万円以下の通信講座

講座名 料金 セット内容
行政書士合格コース 50,490円 ・基本講座
・過去問解法講座
・記述式解法講座
行政書士総合コース 65,780円 ・基本講座
・過去問解法講座
・記述式解法講座
・合格のための論点200

質問対応などがない分、費用も安く抑えられています。

スタディングはこんな人におすすめ

とにかくスキマ時間を使って勉強していきたい、といった人におすすめ。
あとは先ほどのフォーサイトの講師に比べて、スタディングの竹原講師の方がしっくりくるという人ですね(講師は相性もあるので)

スタディング 行政書士【スタディング行政書士の評判】合格者がガチで体験してみた

料金の安い行政書士講座6つを比較(インプットのみ)

続いては、インプットのみの格安講座を比較していきましょう。

こちらは全部で5つです。

スクール 講座名 料金 講義内容 講義時間 質問 合格率
フォーサイト ロゴ 基礎講座 51,800円 47時間 41.3%
lec ロゴ S式合格講座 45,000円 60時間
大原 ロゴ 行政書士30合格コース 84,800円 30時間
オンスク ロゴ ウケホーダイ
(ライト)
1,078円
(月額)
25時間
オンスク ロゴ ウケホーダイ
(スタンダード)
1,628円
(月額)
25時間
スクール 講座名 料金 講義内容 講義時間 質問 合格率
フォーサイト ロゴ 基礎講座 51,800円 47時間 41.3%
lec ロゴ S式合格講座 45,000円 60時間
大原 ロゴ 行政書士30合格コース 84,800円 30時間
オンスク ロゴ ウケホーダイ
(ライト)
1,078円
(月額)
25時間
オンスク ロゴ ウケホーダイ
(スタンダード)
1,628円
(月額)
25時間

こうやって比較してみると、これまたフォーサイトが良さそうです。

では、スクールごとにみていきましょう。

フォーサイトの基礎講座おすすめ

フォーサイト ロゴ

フォーサイトは、合格率が41.3%と非常に高いスクール。なぜ合格者が続出しているかというと、学習範囲を徹底的に絞り、なるべく最短距離で合格まで行けるように設計されているからです。

さきほどのアガルートに比べると、講義時間は4分の1以下。戦略から異なっています(フォーサイトは合格点狙い。詳しくは→行政書士試験に「合格点狙い」で挑む、メリットデメリットとは?

フォーサイトのサンプル講義

講座名 料金 講義内容 講義時間 質問 合格率
基礎講座 51,800円 47時間 41.3%
講座名 基礎講座
料金 51,800円
講義内容
講義時間 47時間
質問
合格率 41.3%

フォーサイトの入門総合講義はこんな人におすすめ

資格の勉強自体初めてといった場合や、あまり勉強時間が取れなそうという場合は、フォーサイトが向いてます。

ただ、フォーサイトはアウトプットを含めたセット講座(バリューセット)もかなり安いので、フォーサイトが気になる場合はそちらも一度チェックすることをお勧めします。

フォーサイト 行政書士 評判【フォーサイトって評判悪いの?】元行政書士が3つの口コミを検証

LECのS式合格講座

lec ロゴ

LECも10万円以下の安い通信講座を用意しています。その名も「S式合格講座」です。スマホだけで受講できる、かなりコンパクトに絞られた格安コース。ザッと全体像を捉えるのに使える通信講座となっています。

ただ同じようなカタチなら、すでにご紹介したスタディングの通信講座の方がお勧め。というのもスタディングの方は問題演習もできて価格帯もほぼ同じだからです。

LECのサンプル講義

講座名 料金 講義内容 講義時間 質問 合格率
S式合格講座 45,000円 60時間
講座名 S式合格講座
料金 45,000円
講義内容
講義時間 60時間
質問
合格率
lec 行政書士 評判【LECの評判は?】行政書士講座を、合格者が実際に体験!

大原の行政書士30合格コース

大原 ロゴ

大原の「行政書士30」という通信講座は、さきほどのLECの「S式合格講座」と同じような料金の安い講座です。全部で30時間に抑えられた、これまた非常にコンパクトな通信講座。

しかし大原の行政書士30は、解説が正直いまひとつかなと思います。というのもちょっと機械的なんですよね…気になる人はサンプル講義をみてみてください(YouTubeにサンプル動画なし。視聴する場合は、公式サイトの体験講義のページにて)

講座名 料金 講義内容 講義時間 質問 合格率
行政書士30合格コース 84,800円 30時間
講座名 行政書士30合格コース
料金 84,800円
講義内容
講義時間 30時間
質問
合格率
大原 行政書士 評判【評判】大原の行政書士講座を、実際に体験してみたレビュー

オンスクのウケホーダイ

オンスク ロゴ

オンスクは、他社と違い月額制なのがポイント。もし1年続けたとしても、全部で13,000円くらいしかかかりません(ウケホーダイライトの場合)
非常に安いですが、講義の内容は値段相当かと(講師がカンペをガッツリと見ながら話す感じ)

オンスクのサンプル講義

講座名 料金 講義内容 講義時間 質問 合格率
ウケホーダイ
(ライト)
1,078円
(月額)
25時間
ウケホーダイ
(スタンダード)
1,628円
(月額)
25時間
講座名 ウケホーダイ
(ライト)
料金 1,078円
(月額)
講義内容
講義時間 25時間
質問
合格率
講座名 ウケホーダイ
(スタンダード)
料金 1,628円
(月額)
講義内容
講義時間 25時間
質問
合格率
オンスク 行政書士【評判】オンスク行政書士を、合格者が実際に体験してみた

格安な行政書士通信講座まとめ

ということで以上、全部で10個の料金が安い通信講座を比較してきました。

結論はというと、

  • インプット+アウトプットト
  • インプットのみ

これらのどちらの場合でもフォーサイトの通信講座がベストかと。

もしまだどの通信講座にするか決められない…という場合は、まずは資料請求(無料)して、サンプル教材を手に取ってみてくださいね。

フォーサイトに資料請求する

フォーサイト 行政書士 資料請求【レビュー】フォーサイト行政書士に資料請求してみた【無料】